2007年08月20日

小田和正ピアノ・ピース


最近、以前習っていたピアノを、また練習しだしたので、
せっかくだし…ってことで、小田和正さんの
ピアノピースを購入。

大好きな曲を弾けるように…って思えば、
ピアノの練習もかなり楽しいデス♪
ラベル:小田和正
posted by 小田和正ッチ at 00:42| Comment(30) | TrackBack(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小田和正リンク集

小田和正さん関連のブログをピックアップしてみました☆
24時間テレビ/秋吉久美子早大大学院に合格していた/'小田和正' こころ/小田 和正 こころ/[出来事][音楽]初家族カラオケ/うたバトン。aiko無料PV/ゴルフ場予約/ジッポ/WindowsVista/ゴルフ練習場/スターバックスタンブラー/タンブラー/ゴルフ予約/ブライス/プチブライス/ブライス/ブライス/タトゥー/便利屋/アクリル板/8月17日 放送 木村拓哉の WHAT'S UP S.../'小田和正' / こころ/[西川]アマゾンさん/もきゅきゅ・・/言葉。/「ベスト盤フェア」セブンアンドワイ/2月のハロー猫のハガキ、/07/08/17(金)付デイリーチャート速報.../WHAT’S UP SMAP!(ワッツレポ)(2007/.../「木蓮の涙」 根本要・'小田和正' おま.../雑誌「SWITCH」にap bank fes 07 ドキ.../矢場町を降りると…/この夏話題の新曲〜RSP『Life.../ギフト/'小田和正'ソロ初エッセイ集+月刊カドカ.../今週のお花と、アロマと・・・夏うた.../まっがーれ↓/マリンスノウ/'小田和正'は、今も青春の証し/本・雑誌・CD・DVD通販のセブンアンド...//'小田和正'[こころ]/好きな歌/ミラクル??◎/Lead Upturn 2007 @福岡 〜再会編〜/おっぱっぴぃ/'小田和正' 「こころ」/'小田和正' - こころ/[芸★トレ]現在の持ち株状況/雨の日と空き箱と/自分を貫き通すことの難しさ/空が高すぎる/久々の雨模様。/どんど晴れ
ラベル:小田和正
posted by 小田和正ッチ at 00:28| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はじめまして♪

はじめまして
当サイトにようこそお越しくださいました

このサイトは、小田和正の大ファンな私が、
大好きっ!って気持ちが高じて立ち上げた
小田和正のファンサイトです。
小田和正の新着情報とかを、その都度お知らせしてきます

それで、まず最初に、
小田和正のことを知らない方がいるといけない(いけない?)ので、
小田和正の紹介なぞを。
知らない方、この機会に是非聴いて見てくださいね!
---------------------------
小田 和正(おだ かずまさ、1947年9月20日 - )は、日本のニューミュージックのフォークシンガーであり、シンガーソングライター。
元オフコースのボーカル兼リーダー。株式会社ファー・イースト・クラブ(FAR EAST CLUB INC.)代表取締役社長。2004年からは東京音楽大学客員教授。実家は神奈川県逗子市。東京都渋谷区に在住。身長172cm。

概略

将来、建築家を目指していた小田は高校時代から同級生らと続けてきたフォークグループ「ジ・オフ・コース」のアマチュア音楽活動の有終の美を飾るべく、自信をもって臨んだ「ヤマハ・ライト・ミュージック・コンテスト」で不本意にも2位になったことで、「オフコース」として、プロの道を歩み出すことになる。

数年間は売れない時代が続いたが、やがて、1970年代から1980年代にかけて、次々とヒット曲を生み出し、時代を代表する人気グループとなった。オフコース時代のシングルのA面のほとんどは小田の曲であり、そのシンプルで、ストレートに愛を歌う歌詞とハイトーンの澄んだボーカルはオフコースの大きな特色であった。オフコース時代のヒット曲には「さよなら」「Yes-No」「君が、嘘を、ついた」などがある。

オフコース時代から、ソロ活動は始めてはいたが、1989年のオフコース解散以後に活動を本格化させる。特に、1991年の『東京ラブストーリー』というトレンディドラマの主題歌『ラブ・ストーリーは突然に』が大ヒットし、オフコース時代にも達成できなかった「オリコンシングルチャート第1位」と「シングルのミリオンセラー」の達成を一挙に成し遂げ、それ以降の曲もヒットを重ねている。

CMとのタイアップや、他のアーティストへの楽曲提供や、コラボレーションも行うようになった。また、初めて持ったテレビのレギュラー番組は大変な反響を呼んだ。また、音楽以外の分野では映画やドキュメンタリーの制作なども行った。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ラベル:小田和正
posted by 小田和正ッチ at 00:21| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。